逮捕直後の面会接見について身の回りで起きた刑事事件や相談をご紹介します。

父親があんなことをしているなんて

普通に生活をしていたのですが、いきなり警察の方から連絡が入り、あなたの父親を逮捕しましたということを告げられました。一体なんで逮捕されているのかがわからないのですが、援助交際をしていたことが理由だったようです。最近帰りが遅いときもあったので、もしかしたらその時にやっていたのかもしれないと思い、何をやっているんだと感じました。

しかし警察署にいる以上、面会をするのは結構大変です。自分の力だけで対応することは難しいと思って、対応する方法を家族で考えました。援助交際で逮捕されていることを、母親は結構ショックだったようですが、すぐに立て直して普通の生活ができるようにしなければならないと切り替えました。その時に弁護士を利用することによって、警察署にいる父親にも対処しやすい方法があるとわかりました。面会することが困難で、1度行ったのに対応してくれなかったので、相談して面会だけでもできないかなと考えました。

家族が面会して欲しいのに、警察側が聴取をしているから駄目ですという形で止められてしまったことを伝えました。弁護士の方は、私がしっかり話をして、面会ができるように対応しますと協力してくれました。実際に面会をする日になってから、弁護士の方と一緒に警察署へ向かい、留置場にいる父と面会できないかを交渉しました。弁護士の方がしっかり話をして、うまく面会ができるように調整してくれました。

自分たちだけでは、釈放されるまで会うことができないかもしれなかったかもしれません。弁護士の方が相談を速やかに行ってくれたことと、話を適切に行ってくれたことが本当によかったです。父親に対しても、自分たちの気持ちを伝えられただけでなく、罪を軽くするためのアドバイスを送ることもできました。話をすることができたことは、本当にありがたいことでした。

DATE:2016/08/25

コラム一覧へ