逮捕直後の面会接見について身の回りで起きた刑事事件や相談をご紹介します。

恋敵への脅迫容疑で逮捕されてしまった娘

娘には学生時代から付き合っていた恋人が居ました。大学の同級生の彼とは本当に仲がよく、お互いの家の両親にも紹介しあってよく遊びに行ったりきたりしていました。でも社会人になってすれ違い気味になって中々あえないことが不満だったようです。彼に会う間隔がどんどん開き始め、メールの返信も遅れがちだと娘は嘆いていました。

ところが彼にはすでにあたらしい恋人が出来ていたらしく、なんと娘と同じ会社の同僚で、娘を通じて知り合ったようです。そのことを知った娘は嫉妬と怒りでかなり精神状態がぐちゃぐちゃになったらしく、会社で恋人をとられた彼女の顔を見るのはかなり苦痛だったことだと思います。そんな状態のある日、警察から娘が脅迫容疑で逮捕されたと連絡があり、驚いて警察に出向いて接見を申し出たのですが認められませんでした。

どうやら例の同僚に対して社内メールを使って必要以上に中傷した文章を流したり、相手の女性に無言電話や「殺してやる!」という内容のメールを大量に送りつけ、相手の女性が耐え切れずに訴えたというのがことのいきさつのようです。さらに相手を階段の上から突き落とそうとしたり、あきらかに正常な精神状態ではない様子が感じられました。実際に何があったのか娘に直接聞かなければとても信じられないと思ったのですが、会うこともできず、困り果てて知り合いの弁護士に相談することにしました。

DATE:2016/09/10

コラム一覧へ